交通事故治療

みなさん、こんにちわ。院長の坂元です。

今回は、交通事故に遭われた時に知っておくと、落ち着いて行動できる内容を掲載致します。

先ずは交通事故に遭われたら何をすべきなのか?その流れを掲載致します。

accident

 

 

 

 

 

 

 

 

1:交通事故に遭われたら、まず警察へ連絡をしましょう。事故の状況確認が行われます。

2:ご自分の入られている保険会社に連絡をしましょう。同時にこの時、相手方の氏名、

住所、電話番号、任意保険の有無、保険会社名も聞きましょう。

3:軽い怪我だと思っても、必ず病院で診断を受けましょう。少しでも痛い所は、はっきりと

伝えましょう。

4:病院で頂いた診断書をすみやかに警察へ提出しましょう。これを行わないと人身事故と

して取り扱って頂けなくなり、自賠責保険を使っての治療を行う事が出来なくなります。

5:保険会社に連絡のうえ、健心整骨院へご来院下さい。交通事故の状況や身体の症状を

詳しく問診致します。

※他の整形外科や整骨院に通院されている方でも、健心整骨院への転院は可能です。

転院をされる前に、保険会社に連絡のうえ、健心整骨院へご来院下さい。

※交通事故|自動車保険の種類・任意保険(会社)の事情

自賠責保険(強制保険)と任意保険があります。

自賠責保険(強制保険)は治療費、休業損害、慰謝料、交通費等が120万円まで出ます。

120万円を超えると超えた分を任意保険(会社)が手出しをします。

相手からの交通事故に遭われた時に任意保険会社が、「一括で自賠責保険と任意保険を承ります。」

というのは、出来るだけ120万円を超えないようにし、任意保険会社の手出しを0円で

済ませたいという事も含まれています。その他、任意保険会社の担当が「整骨院の受診は認められて

いないので、整形外科に行くように。」と言われることもあります。実際はそんな事はないです。

整骨院の方が整形外科に比べ治療費、慰謝料、交通費等が高くなり120万円を超える可能性が高く

なるので嫌がっているだけです。任意保険会社とのやり取りでおかしいなと思うことや、その他疑問に

思うことがあれば何でもご相談ください。また、事務手続きも当院が出来る限り手助けいたします。

6:整骨・電気療法・温熱療法・超音波治療・手技療法などを用いて施術を開始致します。

7:症状に応じて通院します。

以上が簡単な流れとなります。

交通事故は後遺症が残り易いので、健心整骨院での徹底的な治療をお勧め致します。

交通事故の中で最も多い症状は、むち打ち症(頸椎捻挫)ですが、受傷直後はあまり

症状が現れない事が多いので、整形外科でレントゲンを撮っても異常無しと言われるのが

殆どです。時間の経過と共に頸椎、胸椎、腰椎のズレが起き、その為首の痛み・運動痛及び

可動域制限、後頭部や背部、更に肩・上腕部にも痛みが放散します。しかも頭痛、吐き気、

眩暈、上肢の痺れ等も伴う事もあります。ですので、あまり症状が現れないからといって、

放っておくのでは無く、しっかりと治療されることが必要です。

[自賠責保険とは?]

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは、公道を走るすべての自動車やバイク(原付含む)に

加入が義務づけられており、一般に「強制保険」と呼ばれています。交通事故の被害者が、

泣き寝入りすることなく最低限の補償を受けられるよう、被害者救済を目的に国が始めた保険制度です。

[治療費は?]

示談をする前であれば、患者さまの負担はありません。実費0円です。

[治療期間は?]

平均的な治療期間は3ヶ月~4ヶ月です。
これはケガの程度や事故の種類によっても違います。通院して治療を行うと症状がある程度軽減していきますが、
症状が軽減した=治癒とは言いません。治療が中途半端であった為、後に後遺症が残る方が大変多いです。
交通事故治療で大事なことは「少しでも早く治療を開始すること」「症状にあわせた治療で最後まで治療しきること」です。
[休業損害とは?]
給与所得者、パート・アルバイト・日雇い労働者、事業所得者、家事従事者が交通事故により仕事が出来なかった場合に支払われます。
[慰謝料は?]
交通事故の被害者になってしまった方には、必ず慰謝料というものが発生致します。交通事故が原因により経済状況・生活環境の

問題を生じることが考えられる為、それを補う為にお支払いされるものです。具体的な算定としては、総治療日数×4,200円 または、

通院実日数×2)×4,200円のどちらか少ない方となります。

ずらずらと、掲載させて頂きましたが文字だと分かりづらかったかと思います。もし、交通事故でお困りの方は、健心整骨院へ御連絡下さい。